business

【必須】フリーランスになる前に準備するもの【最低限3つでOK】

フリーランスになる前の準備

 

どうもこんにちは、きとりです。

 

フリーランスになる前に必要最低限やること、準備する物について解説していきたいと思います。

・フリーランスになる前に必要な物とは

・フリーランスに転職を考えているが、退職したあとどうすればいいの?

 

上記お悩みの方、是非読んでみてください。

実際に私がフリーランス活動をする際に行った方法を解説します。間違いではないですので参考になるはずですので是非。

 

本記事の内容

・フリーランスになる前の準備【必要最低限でOK】

・開業手続きは簡単【時短する】

・フリーランスになる前に覚えておくべき事

 

上記内容+αを解説していきます。

それではいきましょう。

 

フリーランスになる前の準備リスト【必要最低限】

フリーランスが準備する物リスト

 

フリーランスになる前に準備すべき(やる事)は下記の通りです。

・退職前にクレジットカードを作っておく

・退職後は早めに保険・年金の切り替え

・名刺を作っておく

 

上記3つだけ。

他にもいろいろ準備する物がたくさんありそうなイメージですが、実は言うとこれだけで全然OKです。

 

あとは追々、必要になってくる物は揃えていけばいい感じです。

開業届も必要でしょ。ってなるかもですが、そこに関しては前提で、フリーランスになったあとでも可能ですのでとりあえず省きますね。

 

ひとつずつ解説します。

 

クレカは始める前に作っておくべき

退職前にクレジットカードは作成すべきです。

理由は2つありまして、下記の通りです。

・事業実績ゼロで、審査に通りづらいかも

・資金繰りに役立つ

 

ちなみに、カード決済が必要なシーンが必ず訪れますので作っておくべきですよ。仕事にならない場合もあるかもですので。

 

 

事業実績がない

フリーランスになったばかりでは事業実績なしですので審査に通りづらいと言われていますね。

 

ですが、実際にそこが審査に響いてるのかどうかはわかりません。

ビジネスカードならそうかもしれませんが、個人カードなら実績より個人の信用情報かなと思います。

 

とはいえ年収や勤続年数も審査項目かもですので退職前に作っておくのがベストかもしれません。

 

資金繰りに役立つ

フリーランスになったばかりは資金繰りもうまくいかない事たくさんあります。

売り上げが全くない時だってあるかもです。

ここでクレジットカードが大変便利で助かりますよ。

 

使いすぎは余計圧迫する事になりますので注意が必要ですが、もしもの時に備えて準備はしましょうって感じです。

 

【クレカは3枚】フリーランスはクレジットカード複数持ちがおすすめも合わせてご覧ください。

複数枚持ちの必要性について書いていますので参考にどうぞ。

 

ちなみにわたしはカード3枚を使い分けしていまして、事業用・プライベート用・予備で上手く回しています。ごっちゃになるのを防ぐためです。

 

限度額が少ない場合はデビットカードを持っておくのも良いかもしれませんね。

 

保険・年金切り替えは退職後早めに

保険・年金の切り替えは退職後になりますが、なるべく早めに済ませましょう。

方法は簡単です。

手続きに必要な物を持って、住んでいる地域の役所にいく。

 

下記を準備すればOK

・印鑑

・退職を証明できる証明証

・本人確認書類

・マイナンバー

 

あとは全て役所の方が手続き進めますので難しい事一つもないですよ。

 

注意点としては、国民健康保険の場合は退職後14日以内までにいかないといけませんので忘れずにいきましょう。

 

名刺作成

名刺も早めに作って置いた方がいいですよ。

理由は、名刺がないと営業は無理、あとはモチベーション向上。

 

営業方法も様々で、対面しなければ必要ないかもしれないが、対面する事だって普通にありますよね。

営業ではないけど、人とあって自己紹介する時だって名刺は必要になります。

 

あとはモチベーション向上ですね。

名刺ができると、「遂にフリーランスになってやった感」。

ここでモチベーション上がってやる気がグングン上がるかもしれないです。モチベーションも大切ですし、そういった意味でも名刺は早めに作っておくべきかなと。

 

ちなみに、名刺を作るときは自分で作るより外注がいいですよ。

自分で作ると時間がもったいないですので外注して別のことに時間を使うことが効率いいです。

 

必要経費かなと思いますので、ケチらず名刺は外注で任せましょう。

 

以上、ここまで説明した3つが必要最低限のやることリストです。

 

ここからは補足になります。

参考になると思いますので是非そのまま読んでみてください。

 

開業届は簡単【時短する】

楽するフリーランス

 

フリーランスの開業届についてですが、方法はめちゃくちゃ簡単です。

開業freeeで簡単にできますよ。

 

わざわざ税務署にいかなくても、開業フリーで無料でできますので時間短縮でコスパいいです。

新規登録無料>>開業freee

 

基本的に開業届は出すべき

あと、たまに開業届を出さずにいる方もいますが、基本的に出した方がメリット大きいですので出しましょう。

 

青色申告をする際に開業届の有無がありますが、専門家ではないのでしっかりとした説明はできませんので、すみませんがこれに関してはググってください。

「フリーランス 開業届 出さない」とか。

 

ちなみに出さなくても罰則があるわけではないですが、法律では義務となってはいるので出した方が無難なのは確かですね。

ですので開業届は出しましょう。

 

事務所は不要

フリーランスに事務所は必要か不要かについてですが、結論は不要です。

お金の無駄ですので自宅でいいかなと。

 

自宅でOK

基本的に事務所は必要ないですし、自宅で開業届も屋号も取れますので自宅兼事務所がおすすめです。

 

止むを得ない理由があるのであれば借りてもいいかもですが、その場合はシェアオフィスがおすすめですよ。

住所も取れるしコスパもいいですので、もし借りるのであればシェアオフィスを選びましょう。

 

無駄な初期投資は避けるべきですので、結論は事務所は不要です。

理由があればシェアオフィスを選んだ方がいいかもです。

 

フリーランスの事務所事情については下記の、

フリーランスは事務所を借りるべきか?【シェアオフィスはおすすめ】で解説していますので合わせて読んでみてください。

 

人脈も作っておく【見極めが大切】

ビジネスの繋がり

 

人脈を作る事も大切ですが、わりと勘違いしているケースが多いですので注意が必要です。

見極めが大切ですので、そこを意識すればかなりいい人脈が作れるかなと。

 

人脈作りについては下記

フリーランスが人脈を広げる際に意識する事【ライトパーソンが重要】で解説していますので参考にご覧ください。

 

フリーランスの営業法

フリーランスに営業は切っても切れない仕事のひとつですので、早めに営業のコツを掴むといいですね。

とりあえず初めは量をこなしましょう。質も大事ですが、量も大切ですよ。

 

自己分析が大切

自己分析をし、自分のスキルやできる事できない事を把握する事が大切でして、把握することで営業方法やビジネスプランが明確になるんじゃないかなと。

営業の前に自己分析をしてみるといいかもですね。

 

営業せずとも仕事がくる仕組みを作ると楽ですね。頑張りましょう。

 

まとめ:フリーランスになる前にやる事は必要最低限でOK

 

まとめです。

フリーランスになる前に準備する(やることリスト)は下記の通りでして、最低限で全然OKです。

 

・クレジットカード

・保険・年金

・名刺

 

あとの物はおいおいでOKですし、必要に応じて準備すればいいだけです。基本この3つでOKかなと。

 

フリーランスになりたい方は、本を読んで基礎知識やマインドを学ぶ事でリスクを減らす事もできるかなと思いますので、本を読む事をおすすめします。

フリーランスを目指す方必読【おすすめ本3選+意識すべきこと】で本紹介していますので参考にどうぞ。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

-business
-,

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5