business

フリーランスが人脈を広げる際に意識する事【ライトパーソンが重要】

人脈作り

 

どうもこんにちは、きとりです。

 

今回はフリーランスの人脈について考えていきたいと思います。

 

フリーランス界隈ではよく、議題に上がっているであろう、フリーランスは人脈が大事なのか。

 

本記事の内容

・フリーランスは人脈が必要か

・いい人脈とは

・人脈なくても仕事はとれる

 

上記3つのことを書いていきます。

 

あくまで私見ですので、参考程度に読んでみてください。

 

下記記事も参考にどうぞ。

とりあえず起業したい人向けの自己啓発です。

スタートアップ
とりあえず起業したいなら今すぐ行動しよう【やりたいことはやる事】

  どうもこんにちは、きとりです。   今回は、「とりあえず起業する」について考えていきたいと思います。 こういった方向けです ・とりあえず起業してみたいけど、本当にそれでいいのか ...

続きを見る

 

フリーランスは人脈が必要か

 

結論:人脈は大事ですが、無駄な付き合いが多い人脈は作る必要はない。厳選しましょう。

 

ここでいう無駄な付き合いとは下記の通りでして、

・酒の席が多い

・ビジネスにつながらない

・呼ばれたら必ず参加する

 

これらが当てはまるようでしたら、人脈を広げるとかはそこまで意識しないでよしです。

 

むしろ時間の無駄かもです。

 

フリーランスになったばかりの人ほど、人脈を広げようと必死になってるイメージが強いですが、無理して広げようとはしなくていいと思いますよ。

 

本質を見失いがちになります。

 

人脈は後からついてくる

 

わたしが思うにこんな感じかなと。

 

人脈は後からついてくるものであって、無理して作るものではない。

 

普段の仕事や、人に対する礼儀をしっかりしていれば、人脈は自然と必ずできますよ。

 

人脈づくりに必死になっている人ほど、酒の付き合いだけでそれ以上の発展がない印象です。

 

広げようと必死なって、よくお酒の席や付き合いに参加してる人いますよね。

 

別に悪い事でもないし、むしろ大事な事だってのもわかっていますが、注力するところはそこじゃないです。

 

注力するところはまずは自分の仕事やスキルです。

 

普段の仕事や、人に対する礼儀をしっかりしていれば、人脈は自然と必ずできますよ。

 

紹介される側になることが一番ベストです。

 

セミナー等は積極的に参加すべき

 

フリーランスになったばかりの人に視点をあてます。

 

フリーランスになったばかりって、人脈が一番大事って思い、広げようとめちゃくちゃ必死になります。

 

しかしここで勘違いしやすいのが、とりあえず人とあってればいいと言う考え。

 

わたしは、セミナーなどに参加して顔を広げ交流を持つ事には、機会があればどんどんやるべき事だと思います。

 

ですがそれ以外のことには時間を当てることは無駄です。

例えば酒の席とか。

 

しかもお酒の席での付き合いは、一回断っただけでも付き合い悪いってなりかねないですよね。

 

そんなの人脈でもなんでもないです。

 

特にお酒の席は無駄だよって事を言いたいわけでして、

 

決して人脈作りは必要ないって行っているわけではないですよ。

 

過去記事の、フリーランスを始めたらやるべきこと。【まずはひたすら営業です】 でも、セミナーには積極的に参加して営業すべしと述べています。

 

間違えないで欲しいのは、

・人脈作りが必要ないわけではない

・だけど無駄な付き合いが多いのも事実

 

という事です。

 

いい人脈とは

 

人脈

 

では、無駄じゃない人脈作りとは何か、について書きますね。

 

下記の内容をピックアップしていきたいと思います。

いい人脈とは

・自分と同じ価値観を共有できるか
・自分にマッチしたライトパーソンを選んでいるか
・先を見据えているか

 

わたし的には上記3つがポイントかなと。

 

無駄じゃない人脈とは、いかに自分とマッチしている人間かということです。

 

自分と同じ価値観を共有できるか

 

価値観を共有できる人物なら、それはいい人脈かなと。

 

違う価値観でも、それはそれで学ぶべきことはたくさんありますが、

 

そもそも違う価値観の人と話が会うなんて、なかなか難しいです。

 

無駄な人脈ではないですが、自分にマッチはしてませんよね。

 

同じ価値観だと話も会うはずですし、向かってる方向も一緒なはずですから、ビジネスパートナーとして繋がることも可能性大な訳です。

 

自分にマッチしたライトパーソンを選んでいるか

 

自分にあったライトパーソン。

 

これが一番意識した方がいいかもです。

 

どういうことかと言いますと、

要は、目標としている場所にその人物がいるか。です。

 

もっとわかりやすく言うと、

成功者との付き合いです。

 

簡単に例えると、
・目標が社長になる事でしたら、社長さんと関係を築く。
・年収1億円目指しているなら、年収1億円でビジネスをしてる人と関係を築く。

 

みたいな感じです。

 

ちなみにライトパーソンとは、

適切な人、そのプロジェクトにふさわしい人物。

 

いかにそういった人たちと繋がれるかが大事かなと。

 

そしてノウハウや成功する仕組みを聞いて、真似る事です。

 

先を見据えているか

 

その人と、先を見据えた話ができるかどうかです。

 

先を見据えた行動こそが、ビジネスの基本かなと思います。

 

そういった人たちは、発想力も高いですし、その先をみていますので、最初から話を否定することはあまりないです。

 

逆にこんな人は無駄な人脈です。

・話は聞くけど否定的
・目先の利益しか考えない

 

まずは下記の内容3つ

・自分と同じ価値観を共有できるか
・自分にマッチしたライトパーソンを選んでいるか
・先を見据えているか

 

まずはこの付き合いができているかを考えてみた方がいいかもですよ。

 

その人脈作りは必死になってやるべきなのかどうかが見えてくるはずです。

 

 

人脈なくても仕事はとれる

 

人脈があまりなくても心配することなしです。

 

今の時代、仲介通せば一通り仕事は取れます。

 

まずはできることからやり、人脈作りは後から意識することも全然間違いではないですよ。

 

そもそも、人脈はその人の個性やスキルがないと宝の持ち腐れです。

 

まずは仕事のスキルや要領を磨くことから始めるのもありですね。

 

クラウドソーシングや、エージェントの利用がおすすめです。

 

企業と個人を結ぶサイトの利用なら、人脈あるないは関係ありませんし、そこから人脈ができる可能性だってあります。

 

クラウドソーシングサイトだと、クラウドワークスとかに登録して、お仕事案件を探す感じですかね。

 

登録も無料ですし、まずはこういった感じから初めていくのも全然いいです。

 

まとめ

 

本記事のまとめです。

 

フリーランスにとって人脈はかなり大事なことですが、そんなに意識しなくてもいいよです。ただし、

 

・自分と同じ価値観を共有できる
・自分にマッチしたライトパーソンを選んでいる
・先を見据えている

 

上記3つに当てはまるような人脈作りは意識してた方がいいかもです。

 

それ以外はそこまで意識して行動するべきでもないんじゃないかなと。

 

人脈は後からついてくるものであって、無理して作るものではないことも頭に入れておいた方がいいかもですね。

 

以上が、

フリーランスは人脈を広げる事をあまり意識しなくても大丈夫です。

でした。

 

-business
-,

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5