business

フリーランスは事務所を借りるべきか?【シェアオフィスはおすすめ】

フリーランスの働き方

 

どうもこんにちは、きとりです。

フリーランスに事務所は必要か不要かについて解説していきたいと思います。

・フリーランスを始めるけど事務所を借りるか検討中

・事務所を借りるメリット・デメリットが知りたい

・事務所以外の選択肢はあるのか

 

上記お悩みの方は是非読んでみてください。

 

実際にわたしがフリーランス初期に感じたことをもとに解説していきますので、駆け出しフリーランスやフリーランスを目指している方に参考になるかなと。

 

本記事の内容

・フリーランスに事務所は必要か

・事務所を借りるメリット・デメリット

・事務所を借りる判断基準とは

・事務所以外の選択肢

 

上記4つの内容を解説します。

 

そもそもフリーランスや起業することに悩んでる最中で事務所云々の方は下記の記事から読んでみるといいですよ。

とりあえず起業したいなら今すぐ行動しよう【やりたいことはやる事】 を是非ご覧ください。

 

それではいきましょう。

 

フリーランスに事務所は必要か不要か

フリーランスの事務所

 

フリーランスに事務所は必要かの疑問ですが、結論は不要かなと。

理由は下記の通りでして

・お金の無駄、かつコストが嵩む

・管理の手間が増える

 

この2つが主に事務所が不要な理由かなと。

 

必要か不要かは、活動の仕方によって人それぞれで断言することはできませんが、フリーランスになったばかりの方が事務所を借りるとコストが膨らみ資金圧迫になる可能性大ですよ。

 

出費を抑えつつ、売り上げを伸ばしていく事を考えると事務所は不要かなと思います。

 

基本、事務所はいらない

基本的にフリーランスに事務所はいらないです。

ならフリーランスの事業所はどうするの?ってなりますよね。

 

結論、自宅を事務所にする

自宅兼事務所がベストな選択肢かなと。

 

SOHO禁止物件なら仕方ないかもですが、OKなら自宅で十分ですし出費も抑え切れます。

 

駆け出しフリーランスこそ事務所は不要で、自宅兼事務所がコスパよくてベストです。

 

メリット・デメリット

メリット・デメリットを選ぶ

 

事務所を借りた場合のメリット・デメリットについても触れていきますね。

 

もちろんですが事務所を借りる事がいけないことではないですし、どちらかと言うとメリットの方が多いのも事実です。

フリーランス初期の場合を前提として考えてもらえればいいかなと。

 

借りるメリット

事務所を借りるメリットは下記の通りです。

・クライアントを招ける、かつ信用の獲得が期待できる

・プライベートとのメリハリ、スペースの確保

・経費になる

 

ひとつづつ解説していきます。

 

クライアントを招く、信用の獲得

事務所を借りるメリットのひとつ目は、クライアントを事務所に招くことができる事と、信用の獲得が期待できる事ですね。

自宅にはクライアントを呼べないのでここに関しては事務所だと可能でして、尚且つ事務所を構えてることで少なからず信用もつくかなと。

 

プライベートとのメリハリ、スペースの確保

2つ目は、プライベートとのメリハリをつけやすく、書類や仕事道具の保管スペースの確保ができることですね。

自宅でもメリハリをつけることは可能ですが、自宅だと集中できない方にはメリットになるかもです。

 

経費になる

3つ目は、事務所の維持費は全額経費になることですね。

要は節税です。利益が多い場合は節税としてのメリットも大きいです。

 

余談ですが、利益が大きい場合は法人化することも視野に入れておいた方がいいかもです。

 

借りるデメリット

デメリットも書いていきます。下記の通りです。

・コストがかさむ

・管理に時間を使う

 

デメリットは2つかなと思いますが、ここを重視すべきかなと。

ひとつづつ解説します。

 

コストがかさむ

デメリット1は、コストがかさむです。

ここが一番重要でして、駆け出しフリーランスこそ考えないといけない大切な事かなと。

 

事務所を借りた場合は毎月固定費が安くても5万円前後かもですが、仮に半年間収入が見込めない場合はわりとキツイ出費でモチベーションも下がります。

 

見極めを間違えると本末転倒ですので慎重に考えるべき項目です。

 

管理に時間を使う

最後は、管理に時間を使うです。

例えば、事務所の物件契約や事務所までの移動時間です。

 

契約から入居までにもかなりの時間を使いますし、毎朝事務所までの移動にもわりと時間使います。

自宅でできるにも関わらず、事務所までわざわざ通勤していると時間の無駄かもですね。

 

判断基準は2つ

売り上げが伸びる

 

フリーランスが事務所を借りる場合、何を基準に判断すればいいのか解説します。

結論は、売り上げと共同プロジェクトの有無で判断すればいいかもです。

 

たとえば

売り上げが徐々に上がっていき、利益が多くなるにつれ節税もしなくちゃいけない、かつ共同でのプロジェクトが多くなってきて打ち合わせ頻度も増えた。

売り上げをもっと伸ばすためにパートナーを作り、一緒に作業することが増え、クライアントも増えた。

 

この場合は事務所があるとメリットを最大限にいかせますし、作業や仕事がもっとスムーズにいくかもですので事務所を借りる選択肢もありですね。

 

状況に応じて、必要になった場合に借りるがベストですね。

 

打ち合わせは貸し会議室がおすすめ

自宅兼事務所の場合、打ち合わせができない問題が出てきますがこの場合は貸し会議室を使うと解決しますよ。

毎月固定の出費ではなく、使用した場合だけコストが発生するので出費もかなり抑えきれて便利です。

 

2〜3箇所ぐらい確保しておく

ちなみに、活動拠点近くの貸し会議室を2〜3箇所決めておくといいかもです。

複数決めておくことで予約が取れない事を防げますので念のため複数は決めておきましょう。

 

もちろんカフェなどもありですが、周りの人や音に気を遣ってしまう可能性もありますので、できれば貸し会議室の方がいいですし、打ち合わせもスムーズにいくかもですね。

 

レンタルオフィスやシェアオフィスの選択はあり

シェアオフィスで働く

 

自宅兼事務所にできない理由がある場合や事務所より費用を抑えたい場合は、レンタルオフィス・シェアオフィスも選択肢の一つですね。

 

事務所を借りるよりもかなりコスパいいですし、打ち合わせスペースが完備されているレンタルオフィスやシェアオフィスはたくさんあります。

 

レンタルオフィス

シェアオフィス

バーチャルオフィス

 

上記違いについては、似たような感じですが要は個室スペースで借りるか住所だけ借りるかみたいな感じですね。

 

詳しくはレンタルスペースのサイトで確認してみるといいですよ。

たとえばこちらの、(Hub Spaces)レンタルオフィス・バーチャルオフィスが見つかるをみてみるとどんな感じかわかるかもです。

 

レンタルオフィスやシェアオフィスは、フリーランスや起業家など多くの方が集まっていますので、人脈作りや情報交換ができる場としてのメリットもあるかなと。

【SOHO・フリーランス】レンタルオフィス・シェアオフィスまとめ

  個人・フリーランス向けのレンタルオフィス・シェアオフィス・バーチャルオフィス     ・24時間使えるレンタルオフィスならBIZcircle(ビズサークル) ・オシャ ...

続きを見る

 

まとめ:フリーランスに事務所は不要、レンタルオフィスの選択はあり

 

まとめです。

・フリーランスは基本事務所は不要

・初期はコストを抑えることがベスト

・売り上げや共同作業が増えたら検討することもあり

・貸し会議室で打ち合わせをする

・レンタルオフィスやシェアオフィスの選択はあり

 

以上です。

まずは売り上げや利益をあげることに注力することが大事ですので、無駄な出費は抑えつつ、規模に応じて判断することですね。

 

 

-business
-, ,

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5