business

フリーランスに向いていない人の特徴と意識すべき事【フルコミット】

フリーランスに向いていない人

 

どうもこんにちは、きとりです。

 

フリーランスの向き不向きについて書いていきたいと思います。

下記のお悩みの方は是非読んでみてください。

・フリーランスを目指したいけど、向き不向きがあれば知っておきたい。

・フリーランスで活動しているが、向いていないと言われもうやめたい。

・改善できるならその方法が知りたい

 

本記事の内容

・フリーランスの向き不向き

・改善策と意識

・フリーランスなら打破しよう

・別の問題点に着目

 

上記4つの内容をそれぞれ解説していきます。

参考程度にどうぞ。

 

それではいきましょう。

 

フリーランスの向き不向き

充電切れのフリーランス

 

向いていないからやめとけ論。それは少し違います。

不向きと思う人は共通してNG行動をしているだけ。

改善すれば全然OKでして、やめとけまでは言いきれません。

 

結局のところ向き不向きはぶっちゃけ関係ないかなと。

ですので要は、意識を変えてフルコミットするだけです。

 

向いていない人のNG行動

では、NG例を出しますね。下記の通りです。

 

・レスポンスが遅い

・変化を嫌う(安定重視)

・体調管理に適当

・成長意欲が薄い

・責任感や約束を軽視

 

上記5つが主に挙げられるんじゃないかなと思いますが、逆にいうと当てはまらなければ向いているともいえますね。

簡単なことですが、意外とできていない人が多いんじゃないかなと。

 

繰り返しますが、向いていない=やめた方が良いは間違いです。

結局は自分やクライアントに対する意識の問題です。

 

改善【意識を変えよう】

改善してレベルアップする人

 

上記で挙げた5つのNGそれぞれの改善、解決方法を解説します。

当たり前ですができていないのも事実ですので、読んだら即意識切り替えです。

 

レスポンスが遅い

レスポンスが遅い人は、反応を早くする。ぶっちゃけこれだけです。

 

たとえば、連絡や返信は24時間以内に確実にやるとか。

24時間以内でも遅いくらいだと思っておいた方がいいかもですよ。

 

反応を早くするにはどうするかは、優先順位を明確化すれば簡単です。

 

変化を嫌う人(安定重視)

変化を楽しみましょう。

安定重視の考えの方を悪く言っているつもりではないですが、変化させる事でで安定するかもしれないのもこれまた事実です。

 

フリーランスとはそういう働き方です。将来的安定を目指して日々変化していき努力する。

 

下記の記事も参考になりますのでご覧ください。

【変化できる人=成功者】仕事で成長し続けるために最も重要な考え方

ちゅんブログさん

 

 

体調管理が適当

多分一番多いんじゃないかなと。

行動量=収入という考えで、ひたすらフル作業して体調崩すみたいな感じです。

 

間違っているとは言いきれないですが、労働対価のような働き方はおすすめしません。

理由は、働けば収入になる訳ですから休むことは後回ししがちだから。

 

成長意欲が薄い

上記で説明した、【変化を嫌う人】と似たようなものですが、

具体的に言うと、スキルアップを意識せず業務をこなす人です。

 

たとえば

・断ることができない(YESマン)

・他責が多い

・できないことはしない

 

上記3つ程挙げましたが、当てはまる人はスキルアップできません。

 

他にもいろいろあるかと思いますが、まずは上記3つを意識して行動するといいかもですね。

 

責任感・約束の軽視

もっともNGなことは、責任感が薄かったり約束を守れない人。

プロ意識を持ちましょう。

 

どんなビジネスにおいても全て共通して言えることですね。

 

案件の納期に遅れる人や、打ち合わせ時間に遅刻など。

いうまでもなく、その案件や打ち合わせの裏には多くの人が関わっていまして、あなたが遅れる事で全ての工程を変更する羽目になってしまいます。

 

どんなに小さなお仕事でも、たくさんの人が関わっている

上記を意識していない、もしくは想像できない人はわりと多い気がします。

 

さらに、一度納期を遅れてしまうと信用も低下しますよね。

どんなにスキルが卓越していても、信用が第一です。

 

たとえば

店舗オープンする際にHP作成をフリーランスではなく制作会社に依頼し、納期2週間を大きく遅れて1ヶ月弱で納品。

HPがないと不可のポータルサイト掲載も遅れ、結果的に集客チャンスを少なからず逃してしまったかもしれない。

 

かなりざっくり書きましたが、こんな感じで先方の売り上げに直結する可能性もあるはずです。

 

ですので、改善というより、プロ意識を持って行動すると必然的に責任感も持てるかなと。

 

フリーランスなら打破しよう

スタートアップ

 

多分ですがフリーランスになった方は皆さんなりたくてなったはずです。

もちろん向き不向きはどんな業種にもあるかもですが、とはいえなりたくて始めたならしっかりと改善することですね。

 

向いていないからやめるはもったいないですよ。

 

たとえば営業が苦手、人付き合いが苦手の人は向いていないかと言われたらそうでもないですよ。

もちろんあった方が良いスキルかもしれませんが、苦手なら苦手で自分にあった方法もありますので。

 

改善することも、安定収入を得ることも最初は努力が必要ですよね。

ですので諦めず努力して、改善することは前提でもある訳です。

 

読んで欲しいおすすめ本

最後に、フリーランスに是非読んで欲しいおすすめの本を1冊ご紹介します。

 

NEWフリーランスの稼ぎ方

 

 

この本では、フリーランスのタイムマネジメントの重要性や営業プロセス、今後フリーランスが勝ち進む働き方などが書かれていまして、とても参考になる1冊です。

 

また、下記記事でも紹介していますのでこちらも参考にどうぞ。

フリーランスを目指す方必読【おすすめ本3選+意識すべきこと】

 

請負仕事が多く、収入をもっとあげて安定したい方はとりあえずこの1冊を読むとわりとマインドが変わると思いますのでおすすめです。

 

まとめ:改善からフルコミットすれば解決

まとめです。

フリーランスに向き不向きは正直関係なしです。

下記を意識するだけでOK。

・レスポンスは速め

・変化を楽しむ

・体調管理【セルフコントロール】

・スキルアップを常に意識する

・プロ意識を持つ

 

↓参考になるおすすめ本↓

NEWフリーランスの稼ぎ方 [ 山口 拓朗 ]

 

向いていないわけではなく、そういった人たちは共通して上記ができていないだけですので、そこを改善すればよしです。

 

 

-business
-,

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5