Blog

EWWW Image Optimizerの使い方【設定は超簡単】

フリーランスで活躍

 

どうもこんにちは、きとりです。

 

今回は、WordPressプラグインの、EWWW Image Optimizerについて解説していきたいと思います。

 

こういった方向けです

・サイトスピードを向上させたい

・手間のかからない圧縮方法が知りたい

・設定方法が知りたい

 

など、上記のようなお悩みの方は是非参考に読んでみてください。

 

本記事の内容

・EWWW Image Optimizerとは

・インストールと設定方法

・Tiny PNGでさらに圧縮

 

上記3つの内容を画像付きで手順を解説していきます。

 

それではいきましょう。

 

最適化プラグイン【EWWW Image Optimize】

 

おすすめプラグイン

 

サイト運営で必然と増えてゆくのは画像の取込みかなと。

 

画像が多くなっていくと、ファイルサイズがどんどんと大きくなり、サイトの表示速度(サイトスピード)の低下の原因になる訳ですが、そうなると以下の状態になるかも。

 

・なかなかサイトが表示されず、ユーザーが即離脱

・サイトスピードの低下でSEOに悪影響

・収益化のチャンスロス

 

絶対にそうはなりたくないですね。

 

それなら、WordPressプラグインのEWWW Image Optimizerを使って解決しようって感じな訳です。

 

EWWW Image Optimizerとは

簡単に説明しますと、アップロードした画像を自動で圧縮してくれるプラグイン。

 

自動で圧縮をしてくれるので、記事作成毎にわざわざ別で圧縮作業をする手間が省ける感じです。

 

しかも、もうすでにアップロードしてある画像も圧縮の対象。

 

うれしいことに、アップロード済みも一括でやってくれますよ。方法は後ほど解説です。

 

もう一点おすすめポイントとして、メタデータの削除も自動でやってくれる事ですね。

 

メタデータの削除とは、画像情報の削除です。

画像に付いているやカメラデータ情報や撮影場所の削除

 

プライバシー保護にもなるので安心かなと。

 

それでは、インストールから使い方までの手順を解説していきますね。

 

簡単ですのですぐに終わりますよ。

 

インストールと有効化

下記の手順で解説です。

・ダッシュボードからインストール

・有効化

 

インストール

まずは、EWWW Image Optimizerプラグインのインストールからです。

 

WordPress管理画面から、プラグイン→新規追加の順でクリック。

 

下記のような画面になるはずです。

 

プラグイン新規追加方法

 

上記画面の赤枠部分でプラグイン検索ができるので、EWWW Image Optimizerと入力しましょう。

 

・EWWW Image Optimizer

・EWWW Image Optimizer Cloud

この2つが表示されるかと。

 

EWWW Image Optimizerの方だけ、今すぐインストールをクリックしてください。

 

プラグイン有効化

インストールが完了したら、有効化をクリックしてください。

 

EWWW Image Optimizer有効化

 

これでEWWW Image Optimizerプラグインのインストールと有効化ができてるはずです。

 

そしたら次は初期設定です。

 

設定方法と使い方

初期設定の方法を下記の手順で解説です。

・選択項目のチェック

・メタデータ削除のチェック

・変換リンク非表示のチェック

 

選択項目のチェック

まず初めに初期設定からです。

 

ワードプレス管理画面から、設定→EWWW Image Optimizerの順でクリックしましょう。

 

すると下記のような画面になります。

 

サイトスピード設定

 

上記画面と同じように、チェックを入れてください。

 

2つチェックを入れましたら、Nextをクリックです。

 

メタデータの削除

下記画面に変わりましたら、メタデータの削除にチェックが入ってるか確認しましょう。

 

メタデータの削除

 

この部分は基本は何も触らずでOKですが、メタデータの削除にもしチェックが入っていなかったら追加でチェックしてください。

 

上記で説明した通り、メタデータの削除にチェックをいれると、撮影場所などや画像データの削除も自動で行ってくれます。

 

よって、さらにファイルを小さくする事ができ、より高速化、プライバシー保護にも役立ちますよ。

 

必ずチェックが入っていることを確認してくださいね。

 

変換リンク非表示

次は、コンバージョンリンク非表示設定です。

 

一度ワードプレスのダッシュボードに戻り、再度、設定→EWWW Image Optimizerをクリックしてください。

 

下記画面のようになりますので、赤枠部分の、Enable Ludicrous Modeをクリックしましょう。

 

コンバージョンリンク

 

 

変換をクリックし、変換リンクを非表示もしくは、コンバージョンリンクを非表示にチェックを入れます。

 

最後に、変更を保存をクリックして初期設定は終了です。

 

使い方・圧縮作業

続いては使い方についです。

 

ここでは、基本的な使い方について説明していきますね。

 

有効化した後は、次からは全ての画像ファイルを自動で圧縮してくれますよ。

 

一括最適化

既にアップロードした画像を一括最適化する方法です。

 

今までアップロードした画像が多ければ多いほど、最適化に時間がかかりますので、余裕があるときにでもOKです。

 

ちなみに私の場合は、インストール時は1900枚の画像で、最適化完了までに20分ほどかかりました。。

 

それではいきます。

 

ワードプレス管理画面から、メディア→一括最適化の順でクリックしましょう。

 

一括最適化

 

最適化されていない画像をスキャンするをクリックして、最適化が必要な画像の枚数を読み込みます。

 

スキャンが終わると、〜点の画像の最適化のボタンが表示されるので、そこをクリックです。

 

レビューを書くの隣に完了と表示されると一括最適化が終了です。

 

今後は、全て自動で圧縮してくれますので、手間が省けていい感じかなと。

 

さらに圧縮するなら

 

EWWW Image Optimizerプラグインを使えば、自動で画像ファイルを圧縮してくれます。

 

とはいえ、限界もありますし、もっと圧縮して小さくできるはずです。

 

その場合のおすすめツールが、Tiny PNG。

 

Tiny PNGという画像圧縮サイトです。

 

わたしも実際に利用してまして、Tiny PNGで手動で圧縮してからEWWW Image Optimizerでさらに最適化をするという方法でやっています。

 

そんなに効果があるのかはわかりませんが、やるに越したことはないかなと。

 

デメリットは、
手動ですのでちょっとめんどくさいぐらいです。

 

Tiny PNG使い方

まず、Tiny PNGと検索してページを開きます。

こちらからでもどうぞ。TinyPNG

 

こんな感じのトップ画面です。

 

Tiny PNG

 

ファイルをここにドロップしてください!をクリックし、圧縮したい画像ファイルを選択します。

 

圧縮完了するとするとこんな感じ↓

 

Tiny PNGダウンロード

 

上記の画面の場合だと、圧縮前は216.8KB→65.6KBまで小さくすることができました。

 

70%下がってますね。これだけでも十分小さいです。

 

OKでしたら、ダウンロードをクリックして終わりです。

 

ちなみに、ひとつのファイルにつき最低でも200KBまで押さえたほうがいいと言われていますよ。

 

利用するのもありかもですね。

 

ちょっと余談ですが、ブログに使う画像は有料画像が断然おすすめです。

有料画像を使用しているブログはどれもわりとお洒落かなと。

有料画像を使う理由については、ブログで有料画像を使うべき理由とおすすめサイト【結論、超お洒落】 を参考にご覧ください。

 

まとめ

 

本記事のまとめです

・EWWW Image Optimizerをインストールして最適化

・メタデータの削除の確認

・コンバージョンリンク非表示

・Tiny PNGでさらに圧縮もあり

 

以上が、

EWWW Image Optimizerの使い方【設定は超簡単】でした。

 

当ブログはAFFINGER5を使用です。

どのテーマでもプラグインはほぼ一緒です。

 

おすすめのプラグイン紹介も合わせてどうぞ。

プラグイン
アフィンガー5(AFFINGER5)おすすめプラグイン6選。

  どうもこんにちは、きとりです。   今回は、WordPressの有料テーマ・アフィンガー5のおすすめプラグインを紹介していきたいと思います。   この記事では ・別テ ...

続きを見る

 

 

 

当ブログが使用しているテーマ


▶︎AFFINGER5◀︎

 

 

-Blog
-

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5