business

ダイビングショップは儲かる?インストラクターの給料は?開業する際に知っておきたい事や注意したい事

ダイバー

どうもこんにちは、キトリです。

さっそくですが、スキューバダイビングをやった事がありますか?

やった事がある人は、ダイビングショップに憧れを抱く人も少なくないはず。

リゾート地でのダイビングショップなら尚更。

綺麗な海で仕事をして、毎日が楽しそう。アウトドアが好きな方には夢のようなお仕事ですよね。

今回は、そのダイビングショップについてです。

興味あるけど、実際は儲かるの?資格が必要?もう終わったモデル?

ダイビングショップは儲かるのか、開業する前にやるべき事は?を発信していきたいと思います。

ダイビングショップの形態

まずはダイビングショップの形態について簡単に説明しますね。

ダイビングショップはざっくり分けて3つ
1、ツアーガイド
2、ライセンス講習
3、器材販売

ツアーガイド

ツアーガイドは、実際に海に出てお客様を水中ガイドするインストラクターのお仕事。

ガイドダイバーと呼ばれ、リゾート地のダイビングショップはほとんどがこのツアーガイドのお仕事です。

水中地図を覚えたり、生き物の名前や探し方を覚えるスキルが必要としています。

ライセンス講習

ライセンス講習をメインとするダイビングショップ。

近くに海がない県や都内だと、海ではなくプール実習をしているところもあります。

スキルや知識を教え、ダイビングライセンス(Cカード)を発行するのがメインです。

器材販売

ダイビングの器材の販売をメインにしているダイビングショップ。

リゾート地だとあまり見ませんが、

都内だと器材販売もやってるお店がほとんどです。

上記3つを全て取り扱ってるショップもあれば、一つに特化したショップもあり、周辺環境などでバラバラです。

リゾート地にわざわざ器材を購入しにくるお客様はあまりいませんので、必然的にツアーガイドに特化していくんですね。

インストラクターの給料

雇われのダイビングインストラクターの給料は、薄給と言われています。

地域によって差はありますが、基本的に1〜2年目のスタッフで12万円〜18万円前後。
あくまでインストラクターですので、見習いだともう少し低い場合も。。

大企業の初任給には到底及ばないと思います。

ただし、技術職ですので、インストラクターのスキルを上げて経験をつみ、指導者などの地位につけば20万円〜30万円前後の給料になる場合もあります。

リゾート地だと少し高い傾向があります。

 

海やプールで遊ぶ人

 

ダイビングショップの経営

ダイビングショップの経営は儲かるのか、についてです

いきならですが、ダイビングショップの経営は儲かると思います。

実際に儲かっているオーナーさんたちはたくさんいます。

ただし、季節に大きく左右される事と、すでにレッドオーシャン事業(競争が激しい)。

ダイビングショップは季節、天候にかなり揺らされます。

冬は寒くて客足は落ち、夏は台風シーズンで中止になる事もしばしば。

特に影響を受けるのは、現地ツアーに特化したダイビングショップです。
海が荒れてたら中止になるので売り上げは出ません。

その点、器材販売やプール実習でのライセンス講習は天候などでは左右される事が少ないと思います。

そもそも冬だと客足は少なくなります。

(冬がメインのダイビングポイントがあるが、その場所では逆に夏より冬が多い場合も。)

それと、ダイビング業界はもうすでにレッドオーシャン。

競争が激しく、価格競争に突入しているのが現実です。

沖縄県だと、ダイビングショップは個人事業(フリーランス)も含めて2000店以上近くあるとの事です。

いかに質がよく、安く、中止率を抑えるかがポイントになっているんですね。

天候に左右され、競争が激しいビジネスモデルですが、なぜ儲かっているオーナーさんが多いのか。

それは、

・まだまだ客単価が高い
・利益率が高い
・少ない初期投資で始められる
・リゾートだと需要がある
・スキルがあって人柄がいい

この上記の4つだと思います。

一番知りたい利益率については、あまり詳しく載せちゃうと怒られちゃうのでやめときますね。(高いです)

ダイビングでは、客単価がまだまだ高い傾向があります。
価格競争だとしても、それでも単価は高めです。

地域によってバラバラですが、大体の相場が以下の感じです。

・ダイビング2本入って一人当たり12000円〜15000円前後
・ライセンス講習だと、3日間で一人当たり45000円〜80000円前後
・体験ダイビングだと、40分で一人当たり7000円〜12000円前後

まだまだ一人当たりの客単価が高い事がわかると思います。

それと、ダイビングショップは少ない費用で開業する事が可能です。

ダイビングボートの購入や、店舗内装にこだわったりなどを考えればそれなりに費用はかかりますが、

それらを抑えると、ツアーガイド専門のショップなら大体300万円〜500万円では可能です。

ざっくりだとこんな感じ(小規模)

・店舗費用150万〜200万円(地域によって)
・ダイビング器材5セット40万円〜60万円(タンク購入は無し)
・消耗品(マウスピースやマスクストラップなど)5万円
・ウェットスーツ(30着)30万円〜50万円
・車両購入(ローン)月々5万円
・ホームページ制作20万円

で、開業も可能です。(かなり押さえて)

広告などは無料のポータルサイトの登録などで広告費はかなり押さえ切れます。

運転資金を足すともう少しかかりますが、設備資金のみなら300〜500万円前後でできると思います。

器材販売などを取り扱うなら在庫を持たないといけませんのでもっとかかりますね。

私の知り合いで、リゾートショップとして、50万円で始めたオーナーさんもいます。

ただし、運転資金は余裕を持っておいた方が無難です。

あと、リゾート地(沖縄など)などではダイビングの需要はまだまだ高いです。

沖縄ではダイビングやマリンスポーツがブランドになってます、海が黒くならない限りダイビングショップは賑わってる事でしょう。


でも一番大切なのは、

オーナーさんの人柄がよく、安全を重視しているショップだからこそお客様はリピートしてくれて結果的に儲かるんですね。

人柄がよく、スキルがあり、価格競争に負けないほどの安心安全の提供ができれば、

まだまだ儲かるビジネスだと思います。

資格・やるべき事

ダイビングショップを経営するにあたり、国家資格は必要ありませんが、

インストラクター業をご自身でされるのであれば、インストラクターの資格は必須です。

ダイビング団体に加盟し、保険の加入が必要です。

ダイビングインストラクターになるためには、Cカードと言うダイビングライセンスを順序よくランク上げしていき、インストラクターを取得していきます。

沖縄では、県条例でダイビングのインストラクターを行う際には、潜水士資格を必須らしいです。

開業の際には、警察署に潜水業許可証、ガイドダイバー登録、営業許可証を提出します。

この際に、インストラクターの証明証、身分証明証、営業を行う施設の見取り図、高圧ガス取り扱い有無なども一緒に提出しましょう。

あと、開業する際に注意して欲しい事は、海は誰のものでもありませんが、好き勝手もいけません。

ダイビング業界が設定したダイビング業者への海のルールがあります。

ルールも地域によって全然違いますが、しっかり守った上でやった方がいいです。

安全を考慮した上で、周辺ショップが取り組んでるルールですので、無視はやめましょう。

できれば、開業する地域のダイビング協会や組合には参加されてた方がいいです。(情報共有や様々な取り組みにも参加できます)

以上が、ダイビングショップの実態についてでした。

ざっくりとしか説明できませんでしたが、最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

まずはダイビングショップの本質を理解することからが大事です。

▼下記記事にてまとめていますので、合わせて読んでみてください。▼

関連記事>>ダイビングショップの経営で儲かるには、まずは3つの事を意識する。

▼フリーランスで稼げない人の特徴も是非▼

関連記事>>フリーランスで儲かる方法と、儲からない人の3つの特徴。

 

 

 

 

-business
-, ,

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5