趣味・アウトドア

ダイビングインストラクターが伝えるダイビングの魅力と行う上で注意すべき事

こんにちは、今回は、スキューバダイビングの魅力と注意点についてご紹介していきたいと思います。

ダイビングを始めようとしてる人や始めたばかりの方、

この記事を読んでもっとダイビングに興味を持ってもらえたらと思います。

スキューバダイビングの魅力

私はダイビングインストラクターのお仕事経験があり、ダイビングをやっててよかったと思う事がたくさんあります。その理由はやっぱり、

水中世界の感動が味わえる

これが一番やっててよかったなぁと思う瞬間でした。

日常ではみる事ができない水中や海の生き物を間近でみるのは、映像や水族館でみるのとは全く違います。日常を忘れて無我夢中で海を泳ぐ、それら全てが一つの感動になります。

無重力の世界

スキューバダイビングには、中性浮力と言うスキルがあり、海の中で浮きもしないし沈みもしない、無重力の状態になる事ができます。

体の力を全て抜き、肺の動きだけでふわふわと動いてる感じは不思議な感覚になります。宇宙飛行士の訓練でもダイビングをやるらしいですよ。

初心者の方は、初めはこの中性浮力は少し難しいかもしれませんが、練習すればすぐに身に付くスキルです。

DIVINGスタート&スキルアップ2021(2020年9月号)【電子書籍】[ マリンダイビング編集部 ]

人との繋がり

ダイビングでのもう一つの魅力は、ダイバー同士での交流ができる事。

通常、ダイビングをやる場合はダイビングショップを使います。

他のお客様と一緒にツアーに参加する形でダイビングを行いますが、目的は全員一緒で、ダイビングを楽しむ。ダイビングの話ですぐに距離が縮まり、その日を終える頃にはもう仲良し!こんな感じがめちゃくちゃあります。

ダイビングを終えた後は、その日の潜水記録(ログ付け)をインストラクターと同行したゲスト様全員でお喋りしながら記録を残していきます。この時間を楽しみにしてる人も多いはず。

ショップによっては、夜集まってお酒を飲みながら!って所も珍しくありません。

沖縄や離島のダイビングショップだとほとんどそのスタイルです。共通の趣味の方といる時間はとても楽しいですよね。

ダイビングをする時の注意点

ダイビングを行うに当たって注意すべき点をいくつか述べていきます。

ダイビングは楽しいスポーツではありますが、自然相手ですので危険を伴う事も理解しときましょう。

最も注意すべき点は5つ
1、無理はしない
2、寝不足二日酔いはNG
3、一人で行かない
4、正しいスキルを身につける
5、レベルに合わせたポイント選び

無理はしない


ダイビングを行うときは無理をしないで取り組みましょう。

海が荒れてるときや体調が良く無いときは中止をする事が正しい判断です。

寝不足二日酔いはNG

寝不足、二日酔いは水中での判断が鈍り、事故に繋がる危険がとてもありますので絶対に辞めたほうがいいです。

一人で行かない

一人で行くのは危険ですので辞めたほうがいいです。

ダイビングではバディシステムを推奨しています。二人以上でいきましょう。

正しいスキルを身につける

とにかく安全第一
正しいスキルがないと万が一の時にパニックになったり他のダイバーなどを巻き込む大変なことにもなりかねません。

レベルに合わせたポイント選び

己の力を知り己の力を過信するな!
とでも言っておきましょう。
自分がどの位のレベルなのか、よく行くダイビングショップのインストラクターや先輩ダイバー達に行ってみたいポイントがどのような所なのかきいてみるのもいいでしょう。
下調べも必要。

始めるならまずは体験ダイビングから

ダイビングを始めたい方、ライセンスをとる前にまずは体験する事から始めてみるといいかも。各ダイビングショップで体験する事ができます。体験してみて、それからライセンス取得でもいいと思います。

沖縄や離島に行く際などにもやってみてはいかがでしょう。たくさんのダイビングショップがあります。

↓ダイビングショップ探しならこれがおすすめ↓

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

ライセンスを取得後、素晴らしい世界が待ってますので、是非やってみてください。

-趣味・アウトドア
-, ,

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5