business

年上部下は基本年下の上司の言うことを聞かない。その対処法は。

 

どうもこんにちは、キトリです。

今回の記事は、


年上の部下は基本年下の上司の言うことは聞かない。

について発信していきたいと思います。

よく聞きますよね。

年上上司が言うこと聞かないって話し。

たくさんの方が経験してることじゃないでしょうか。

元々上司だった人が、部下になることだってざらにあります。

その場合が一番頭を悩まされるんじゃないでしょうか。

元上司にもプライドや経験がありますから、指示を出したところでまず聞かないでしょう。

年上部下をもった時、どうするべきか。

年上上司とのコミニケーションの取り方や、

指示を聞いてくれない時の対処法をお伝えしていきたいと思います。

仕事が遅いと言われる人は、ここを変えるだけで仕事が速くなる。も合わせて読んでみてください。

 

年上の部下は年下の上司の言うことは聞かない。

わたしも経験しましたが、まあ聞いてくれないです。年上の部下は。

いろいろ頭を悩まされてた時期もありましたが、

今では問題もなく、うまく関係を築けるようになりました。

上司はあなたです

まず先に言っておきますね。これだけは何がなんでも意識した方がいいです。

相手が年上だろうと、上司はあなたです。

年上だろうと部下は部下です。

部下を指導、管理をするのは上司の役目であり、義務です。

 

 

立場を決めたのはあなたではなく、会社や環境、あなたのスキルです。

そこに年齢は関係ありません。

年齢を気にすることは、私情を挟むことと一緒です。(その場にふさわしくない感情)

このことだけは忘れないように、自分が上司だという意識をしっかりと持つようにしましょう。

人生の先輩

年上部下は、部下であっても人生の先輩です。

部下であっても学ぶべきことはたくさんあります。

間違えないで欲しいのは、あなたは上司であって、人生では後輩です。

敬意をもって接する事が大切です。

上司だからと年上部下に威張り散らしたりする人がいますが、それは間違えです。

あなたは上司であって、人生では後輩

勘違いだけはしないようにしていきましょう。

元上司が部下になった場合

元々は上司だった人が、自分の部下になる事だってあると思います。

あなたが上司になった以上、しっかりと部下に指示や管理をしていかないといけなくなりますが、

元々は部下だったあなたに指導や指示をされたらまず聞きませんよね。

元上司はあなたに、

教育や指導、ノウハウを教えた記憶がある

この記憶があればあるほど、指示を聞いてくれません。

業務に支障をきたすほかに、あなたを言いくるめて立場を維持し続けようとしてきます。

ただ忘れないでくださいね。

相手が年上だろうと、上司はあなたです。

年上だろうと部下は部下です。

部下を指導、管理をするのは上司の役目であり、義務です。

 

元上司だろうと関係ありません。

自信をもって上司の役目を果すべきです。

 

ただあなたには、元上司と一つだけ埋められない差があります。

それは、教育や指導、ノウハウを教えた記憶はありません。

今のあなたがあるのは、上司のおかげでもあることを忘れないようにしましょう。

年上部下といい関係を築くには

年上部下といい関係を築くにはどうしたらいいのでしょうか。

敬意を払う

年上部下には、しっかりと敬意をもって接したほうがいいです。

年上部下は、部下であっても人生の先輩です。

見下したり、タメ口で喋るのはやめましょう。

【常識、できる社会人はお礼は3回】も合わせて読んでみてください。

やってもらった事は、しっかりとお礼することも心がけるようにしたいですね。

アドバイスをもらう

積極的にアドバイスをもらうようにしましょう。

後輩や年下からアドバイスを求められるのは嬉しいですよ。

尊敬され、必要とされてるわけですから。

元上司の場合は、あなたより業務経験はありますので、知識もあります。

積極的にアドバイスをもらって、自分自身の成長につなげましょう。

人前では叱ったり注意したりしない

時には指導したりすることもあると思います。

上司を叱ったり注意したりするときは、なるべく人前ではやめた方がいいです。

感情任せに指導もダメです。

プライドを尊重することを心がけましょう。

年上である以上、プライドを強く意識していますので、それを傷つけてしまうと、いい関係は築けなくなってしまいます。

人前で叱られたり、注意されることは誰だって嫌になると思います。

年下にされたらなおさらですよね。

もちろん、プライドを尊重してばかりじゃいけませんので、状況に応じて対応していくべきですね。

腹を割って話す

思い切って腹を割って話すのもありです。

今思っていることをぶつけてみましょう。

ただしここでも、プライドを傷つけず、敬意を払いながらです。

腹を割って話さなければわからないことだってあります。

味方につけると強い

年上部下は、うまく関係を築けてなければ悩みの種ですが、

味方につけるとかなり強い存在になります。

自分にはない知識やスキルを駆使し、自分のために全力で協力や手助けをしてくれます。

年上部下とはうまく付き合い、最強の味方になってもらいましょう。

最後に

年上部下は、基本年下部下のいう事は聞いてはくれませんし、不満そうにもします。

しかし、しっかりとコミュニケーションをとり、プライドを尊重し、敬意を払って接していれば強い味方になってくれますので、いい関係を築けるように頑張りましょう。

以上が、

【注意】年上の部下は基本年下の上司の言うことは聞かないです。でした。

 


「年上の部下」をもったら読む本 (きずな出版)

 

 

-business
-

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5