生活

Clubhouse。その使い方や注意点、危険性はあるのか。

どうもこんにちは、キトリです。

今最もバズっているものといえば

次世代型の音声SNS、Clubhouse(クラブハウス)

Twitterなど、他SNSでもかなりのトレンドになっています。

今回はその、2021年から大流行の

【次世代型SNS】Clubhouse。その使い方や注意点。

について、サクッとお伝えしていきたいと思います。

Clubhouse(クラブハウス)

Clubhouseとは

Clubhouseとは、2020年3月にアメリカで始まった完全招待制の音声チャットソーシャルネットアプリ。

Twitterの音声版音声だけのインスタライブなどとも言われています。

日本では2021年1月末から普及し、すごいペースで広がりを見せていますね。

連日、TwitterやInstagramで話題が尽きず、ビジネスにも注目されています。

世界中の人たちと気軽に話し会えるアプリで、世界では今最も注目されているアプリではないでしょうか。

Clubhouseの始め方

Clubhouse(クラブハウス)は現在、β版で、iOSのみのダウンロードで、Androidではまだ利用ができない事になっています。

※18歳未満はアプリ使用不可

Clubhouse(クラブハウス)を始めるには、アプリをダウンロードしアカウントの作成。

名前や写真を登録し、少し待っていると公式から招待を受けられます。

もしくは、

知人からClubhouseに招待してもらう。

すでにclubhouseを利用している知人から招待を受け、SMSから招待コードを取得して参加する方法です。

ただし、知人からclubhouseへの招待を受けるには、招待する側のスマホに自分の電話番号が予め登録されている必要があります。

なお、clubhouseには招待枠が制限されており、ユーザーにつき2名までとされていますので、少しハードルが上がります。

この「招待枠2名」は、clubhouseを使えば使うほど招待枠も増えるとされています。

使い方

clubhouseの使い方、楽しみ方はいたってシンプルです。

・モデレーター(司会者)になる
・ルームに入る
・スピーカー(話す)で参加
・オーディエンス(聞く)で参加
・気になった人をフォローする

他SNSと仕組みはさほど変わりません。

自分自身が主催したい場合は、ルームを作って

Open(誰でも参加可能)
Social(フォローしてる人のみ)
Closed(追加した人のみ)

を設定して音声チャットを開始します。

ルームの公開予約もあり、あらかじめ決めた日時やメンバーでトークイベントを開催できる機能も。

フォローしている人が参加していたり、開催しているルームに入室して、オーディエンス(聞く)やスピーカー(話す)で参加する楽しみ方もできます。

気になった人をフォローするのは、SNSではどれも同じですね。

clubhouseの人気の理由

clubhouseがなぜここまで人気になったのかの理由について

なんとなくすごいから」から始まったclubhouseがどうしてここまで人気になったのか。

メルカリなどで招待枠の販売もありましたが出品違反でそれがなくなり、Twitterなどで販売のDMが送られるようになってから広い範囲で認知、バズったとされていますよね。

その他にも人気になった理由はあるのだとか

芸能人や著名人の会話を聞いたりすることができる

普段会うことがない芸能人や著名人の会話を、

clubhouseでなら聞いたり喋ったりすることが可能。

直接会える事は限りなくゼロに近いですが、声を聞いたりする事は気兼ねなくできるようになった事から利用者爆増。

ファンの方達からすれば最高のアプリです。

このコロナ渦で失われていた雑談が、ウェブ上で可能になり、コロナ渦でのストレスを軽減できるようになった事も人気の理由に。

芸能人や著名人にだけじゃなく、世界中の誰とでも交流が持てるのも魅力的ですね。

人と人との繋がりが生まれるアプリとして、そこに利用者が増えたんじゃないでしょうか。

ブログやYouTubeと同じ、情報発信ツール

clubhouseはただのSNSじゃなく、ビジネスツールとして利用する方たちも増えた。

社員同士で音声でのやりとりや、ブログやYouTubeと同じく情報発信ツールとしての需要があること。

現在は、商用目的での利用は禁止されていますが、近い将来、課金制度や広告配信などが出てくる予想になっています。

※要注意、危険性について

clubhouseの利用者が増えていく一方で、絶対に注意したい事や、危険性を指摘された意見も。

招待詐欺

clubhouseでは、招待コードを他ユーザーからもらう必要があります。

知人からの招待でももらうことができなくなってるほど利用者が増えた事から、招待コードが欲しい人をターゲットにした招待詐欺が多発しています。

Twitterや他SNSでDMを送り、代金を振り込んだら招待コードをおくる。

招待するから電話番号教えてなど。

お金を振り込んだら、アカウントを消してそのまま逃亡

こういった招待詐欺が増えているとの事です。

相手は赤の他人ですから、アカウントが消えればもう見つける事はできないでしょう。

個人情報

個人情報流出の危険性も潜んでいます。

招待コードをもらうには、相手側にこちらの電話番号が登録されていないといけません。

もし万が一、知り合いでもない赤の他人に、

招待コードをもらう為に電話番号を教えた。って事になり、ちゃんと招待コードを貰えたとしても、電話番号が悪用されるって可能性もゼロではないです。

clubhouseに登録の際は、本名での登録が決まりですので、名前や電話番号が悪用されてしまう危険性もあるわけです。

clubhouse利用の際は、むやみやたらに電話番号を教えたりする事は避けたほうがいいかと。

それと、音声SNSですので、機密情報をうっかり喋ってしまったり、他人の情報を漏らしてしまったりと、外部に情報が簡単に漏れてしまう事も注意していかなければなりません。

会話を録音したり、ログを残したりする事は禁止されていますが、なんらかの方法で記録される可能性もあると思いますので、会話が残らないからと何でもかんでも喋る事はやめたほうがいいです。

誹謗中傷

誹謗中傷やヘイトスピーチをする空間にもなりうるclubhouse。

個人や組織に対して嫌味をいったり言い合ったり、人種差別や性的差別などのヘイトスピーチができる空間にもなり得るわけです。

実際に今アメリカでは、clubhouseを使ったヘイトスピーチが増えてきており、社会問題にまで発展しているそうです。

こういった上記のような危険性がある事も理解しながら、clubhouseを良い方向で利用していきたいですよね。

まだ始まったばかりの次世代型SNS、clubhouse。

使い方を間違えなければ、とても楽しいSNSだと思います。

以上が、

【次世代型SNS】2021年からバズったClubhouse。その使い方や注意点。危険性は?

でした。

簡単解説【ダイビングショップは儲かる?インストラクターの給料は?】

-生活
-

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5