business

【常識】社会人はお礼は3回するっていうけど、本当に3回も必要なのか?

どうもこんにちは、キトリです。

お礼は3回するのがマナー。って聞いたことがありますか?

できるビジネスマンは常識中の常識だと思うことですよね。

お礼をするって事は、気持ちを伝える事ですので

お礼をしない人には良い人間関係は築けないと思います。

今回は、

できる社会人はお礼は3回するっていうけど、本当に3回も必要なのか?

について書いていきたいと思います。

常識?お礼は3回?

お礼3回も必要なのか

まず先に結論から言います。

関係を大事にしたいなら、お礼3回はやるべきです。

お礼ができて初めてビジネスチャンスが生まれます。

一方で、お礼をあまり言わない人には誰も何もやってくれませんよね。

ただし、この3回って言葉に執着しないようにしていきましょう。

必ずしも3回ってわけではないです。

気持ちがしっかりとこもっていれば、例え1回や2回でも相手には伝わっているはずです。

回数も大事ですが、感謝の気持ちをしっかり伝えることが最も大切だと思います。

なぜ3回なのか

3回する理由については、人それぞれの考えに違いがありますで一概には言えませんが、

・1回や2回では感謝が伝わらない場合がある
・相手側はしてやったことをずっと覚えてる
・2〜3回お礼をいう事によって、またやってあげたい気持ちが生まれる
などが挙げられると思います。

1回で伝わる場合もあれば、伝わらない場合ももちろんあります。

例えば、家族や親戚などだと1回でもしっかりと伝わる場合もありますが、

上司や取引先だと、1回では伝わらないのがほとんどだと思います。

あくまで他人ですので、家族と違って気持ちが伝わるスピードは違いますよね。

相手側はしてやったことを覚えてますが、してもらった側は1回のお礼でその日のことを忘れます。

相手側はしてやったことを覚えているのに、1回のお礼でもう忘れられた。

って思われてもおかしくありません。

2〜3回のお礼をする事によって、相手もしてやった事に対して気持ちよくなりますので

またしてあげるよってなるんですね。

お礼のタイミング

3回のそのお礼はいつした方がいいのか。

1回目は、してもらった直後にお礼です。

これは当たり前ですが、してもらったらすぐに1回はお礼しますよね。

何も言わずに終わることが相手側は一番気持ちよくありません。

やって当たり前。って思わないように。

2回目は、離れた後に電話かメールでもう一度その日でお礼する。

できれば電話で話したいと思いますが、

相手側の都合の悪いタイミングもありますのでメールでもいいと思います。

3回目は、次に顔を合わせた時です。

少し日がたってても、お礼をされた側は嬉しいと思います。

何度もする必要はない

お礼は、する事によって良い人間関係を築いていくことができますが、

そうじゃない場合もあります。

しつこいと思われた場合はアウトでしょう。

あまりしつこく何度もお礼をすると、

本人は感謝の気持ちが強くてやってるつもりでも、相手側はしつこく感じる事もあると思います。

媚び売ってるのか、あからさまだな。

って思われてしまうと双方気持ちよくありませんよね。

あまり何度も何度もするのはおすすめしません。

上司から注意された

お礼が少ない。もっと俺に感謝しろと上司から言われる事もあるかと。。

え?お礼を言われたいからやってるの?

優越感に浸りたいの?

って思ったことがある。って話を聞いたことがあります。

上司として、部下の教育で教えてくれてるなら有り難いですが、上記のようだと、

別にして貰わなくてもいい。ってなりますよね。

それでも、お礼をする事は大事ですし、

実際にしてもらってそう言われたなら、

しっかりと気持ちを込めてお礼をするしかありませんね。

結論

できる社会人はお礼は3回するっていうけど、本当に3回も必要なのか?

社会人にとって大切なマナーで、感謝の気持ちを伝える上で必要な回数

ただし、あまりしつこいとNGになる場合があったり、1〜2回で伝わる人達もいる。

大事なのは、回数を意識するじゃなく

感謝の気持ちが大事。

気持ちがあると、自然と3回はお礼をしてるかも。

以上が、お礼は3回って必要?でした。

【次世代型SNS】2021年からバズったClubhouseの関連記事はこちら

-business
-

© 2021 NOMALANCE Powered by AFFINGER5